こころゆくまで

お好きな記事で心ゆくまでおくつろぎ下さい

愛と恋

好きであるということ。つまり、恋しているということと愛の違いは何でしょう。


自分の幸せのためというのが恋。つまり、恋は相手からも好意を得たいと思います。しかし、愛というのは完全な利他の精神。一切の見返りを求めることなく、ただひたすらに相手の幸せのために、自分の持つすべてを与えていこうとする生き方のことです。


恋は相手に自分の思いを伝えたいと思い、自分の気持ちを理解してほしいという欲求が働きます。ですから、相手に自分の思いを理解してもらえなかったりすると、覚めてしまったり、悲しんだり、あげくの果ては相手を恨めしく思うことだって起こってくる。つまり利他ではなく利己なのです。


それに対して、愛は相手への欲求は一切ありません。利他の精神だけが働いています。ただ単に相手の幸せだけを祈っていますから、相手の幸せのためなら、自分が相手の前から去っていくことも厭わないのです。


特定の人に恋するのではなく、全ての人に愛を注げる人生でありたいと思っています。そのために実践すること。それは今、目の前にいる人を愛することです。今、目の前にいる人はどうすれば幸せを感じるだろうかと考えて、行動する。その毎日の実践、日々の修行と言い換えてもいいでしょう。その修行を通してのみ、私達自身は愛をこの身に体現できるのだと思うのです。


目指しましょう。愛の体現者を。そして愛を体現しゆく人々を一人でも多く増やしていくこと。遠回りのようですが、これが人類幸福、世界平和への最も確実な方法であると、私は確信している次第なのです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。